大都市銀行が農業へ出席

三井住友銀行が農業へ参入すると発表しました。
7月に秋田県の農業団体や秋田銀行、NEC世の中といった新会社を開業して、アメリカの処置を始める予定です。
再度、2018年度以降は他県に広げるとのことです。
農業の大度合化は日本の農業が生き残っていく上ではポイントです。
そこに元手や伝言を持つ大都市銀行が参加するのよいことではないかと思います。
ほかにもイオン世の中も農業経営に参加してあり、これからも大会社による参加が増えれば、日本の食手薄も解消されるのではないでしょうか。
個人で銘柄を作ってうまいこと始める農家もいますが、かなり大半はお婆さんが昔ながらの農業を営んでいるのです。
後継者がいないなどという面倒も解消されますし、農業勤め人も広がるのではないかと思います。
個人経営のような丁寧な培養が大レベルになるとできるのかという心配もありますが、大度合化設けるしか乏しいのが今の日本の始末なのでしょう。
まさしくサラリーをもらって農業ができるのであれば、自分もちょっぴり若ければ働いてみたいですね。背が伸びるサプリメント